スタッフ

髙橋 翔太

柔道整復師
趣味サッカー

元気と笑顔と技術で患者さんを元気にしたい

学生時代にサッカーに打ち込む。この時、チームメイトがケガをしているのを見て、病院ではなく整骨院で改善する人が多いことを肌で感じる。
高校卒業に当たって、進路に悩んでいた時に、そのことを思い出し、数多くある医療系の学校を調べていく内に、やはり国家資格の柔道整復師が、患者さんと寄り添って治療をしていて、厳しくもやりがいのある仕事だということが分かる。
更に、仲良くしている幼馴染みも柔道整復師を目指していることを知り、運命を感じて治療家になることを決意する。
その後すぐ、縁あってさがみおおつか整骨院で勤務。専門学校を卒業し、柔道整復師資格を取得してから、人の身体を触るということの責任と重みを感じつつ、日々治療を担当している。

一言コメント
身体の痛みを取るのはもちろん、メンタルの部分もケアできる治療家でありたいと強く思っています。
「患者さんを笑顔にしたい」という思いを胸に、日々精進しています。